精神的ストレスや睡眠時間の不足、

栄養不足も痒みやフケを伴う頭皮乾燥を発症させる原因です。

精神的な圧迫感、不愉快な気持ちが増大したり寝不足は、体全部の血流を悪くします。

それにより新陳代謝が鈍り、古い角質から新しい角質に変わる肌再生のサイクル(ターンオーバー)が、正常に行われない場合があります。

そうすると肌が持つバリア機能や保水する力が弱くなり、乾燥につながります。

この乾燥メカニズムは、頭皮でも同様です。

ちなみにアトピー性皮膚炎は、肌再生のサイクルが、短い状態です。

肌の循環過程を正しく行うためには、まず質の高い睡眠が大切です。

就寝後90分間が、最初のノンレム睡眠(深い眠り)なので、1回目のノンレム睡眠をしっかり眠ることが大切です。

次に食生活です。

ビタミンを正しく摂れないことが問題ですが、特にビタミンB6とビタミンAは新陳代謝を促すことに寄与するので、上手に摂れるように食事のバランスに気を付けてください。

ビタミンAはニンジン、ホウレンソウ、シソなどに多く含まれます。

ビタミンB6はレバーやマグロで十分に摂れますが、バナナなら簡単に摂れますね。

頭皮トラブルの多くは、頭皮の乾燥から始まった症状です。

乾燥している頭皮は、保湿の機能と抗菌的な機能が、弱くなるので、様々な頭皮トラブルとなります。

頭皮トラブルの代表格といえば、フケですね。

フケは、2種類(脂性、乾性)あります。

乾性のフケは、乾燥し過ぎで生まれるのですが、頭皮の表皮細胞が浮き上がって剥がれたものです。

頭皮が正常であれば、目立つものではないのですが、ターンオーバー(肌の循環過程)が、異常だと目立つほどの大きな塊になってしまいます。

もう1つの頭皮のトラブルは湿疹です。

4種類(乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎)あります。

特に乾皮症皮脂欠乏症湿疹は主な原因は乾燥で、皮膚のひび割れ、カサカサのことでやはり冬に多く見受けられる症状です。

それと頭皮トラブルに起因する抜け毛も重大ですが、ただ、抜け毛に関しては別の記事で書きたいと思います。

頭皮が乾燥する原因は、理由は様々です。

代表的な原因は、シャンプー剤の成分です。

これは、男性や女性、赤ちゃんから年配者まで夏でも冬でも季節に関係なく、対策用の工夫は必要です。

頭皮になくてはならいない分の皮脂を取り除いてしまうことで、頭皮は乾燥し、それが酷くなるとかさぶたの様になります。

また、市販されているトニックシャンプーなどを利用する頻度が高いとか、頭皮に爪を立てる・乱暴に洗う等も原因になると言えます。

それと洗髪に熱いお湯を使っても必要以上に皮脂が取れてしまい、頭皮改善の足かせになります。

このように髪や毛穴の清潔さを保つためのシャンプーが引き金となって、頭皮を乾燥させてしまうことが大半です。

他、頭皮には避けたい刺激といえば、紫外線、空気の乾燥、寒さなどですので積極的な保湿を意識しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする