皮脂は、頭皮のニオイに大きく影響しています。

なぜなら皮脂は、脂肪酸のニオイを発生させる肌の常在菌が活動するためのエネルギーになるからです。

皮脂が分泌されるのは、皮脂腺です。

皮脂腺は体中にありますが、特に頭部には多いです。

それは、常在菌が活動するためのエネルギーをより多く作り出して、ひいては、常在菌を増やす要因でもあります。

常在菌が増えることで、必然的に悪臭も増えるというわけです。

過剰な皮脂になってしまう理由として、洗髪、ヘアドライ、ストレス、加齢、食事といえるでしょう。

洗髪、つまりシャンプーで皮脂のなくてはいけない分さえも取り除いてしまっては、頭皮を乾燥しないようにと体が通常時よりも多くの皮脂を分泌しようとする作用が働きます。

それとシャンプーをしっかり流しきらないとそれが頭皮の刺激となって、皮脂の分泌を増加させてしまいます。

ヘアドライは、タオルだけでは頭皮も髪も水分をしっかり乾かしきることはできず、残った水分と体温で蒸れて、皮脂が過剰に分泌されてしまう原因となります。

もっともドライヤーによる熱風は、頭皮を乾かしすぎるとやり過ぎの乾燥は皮脂を分泌させることになります。

ストレスは、体内のホルモンバランスを乱します。

そのことで、皮脂分を促す男性ホルモンが過剰に分泌されると皮脂も多く分泌されることとなります。

年齢を重ねることで、肌の保湿と分泌される皮脂の量のつり合いが乱れ、結果的には皮脂過剰な状態になってしまいます。

食事については、栄養バランスの不均衡、とりわけ揚げ物や甘いものをたくさん食べると皮脂の分泌が活発になります。

お菓子や果物、それと乳製品の糖分は、皮脂分泌につながりますので、糖分が多いものを食べ過ぎると皮脂の過剰な分泌に直結します。

夏、塩ふくほど汗かく場面でもそうでもなくても頭皮臭いか?ときになるとき、頭皮を指で擦ります。

そしてその指の臭いを嗅いだ時、臭かったら頭皮は臭っていると思われます。

その他、ドライヤーを使ったチェック方法もあります。

髪が乾いているときにドライヤーで頭頂部の上から下に送風して、その風がクサいと思ったらば、頭皮にニオイがあると思われます。

こういったやり方は、男性、女性、子供でも間違いありません。

何日もかけて皮脂が付く枕とは違って、頭皮を直接触れて臭いがするのは、臭いの原因となる常在菌(マラセチア菌)が活性化しているか、皮脂をシャンプーでしっかり洗い流せていない可能性があります。

特に皮脂については、擦った指がテカテカした感じなら過剰に分泌されていることなので、その対策として治らないことはありませんからその分はキチンと洗い流すことを心がけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする