頭皮が臭う時は皮脂の分泌が多すぎるのかもしれません

なぜなら皮脂は、脂肪酸のニオイを発生させる肌の常在菌が活動するためのエネルギーになるからです。

皮脂は、皮脂腺から分泌されます。

肌のすべてに皮脂腺はあって、特に頭部には多いです。

それは、常在菌が生き続けるための餌をより多く作り出して、結果的には常在菌を増やす要因でもあります。

常在菌が増えることで、必然的に悪臭も増えるというわけです。

頭皮の匂いに気づいたとき、消臭スプレーでごまかしたが、長くはもたなかった。

もしかしてこのニオイはある意味病気?頭皮の臭い対策シャンプーはもちろん使っているが、丁寧に使っても治ったとは思えない。

臭う時の対処法として、人気ランキング上位のシャンプーを使ったが、イマイチ効果を感じることができなかった。

やはり市販品でなく、ネットの専門ショップで購入するシャンプーの方がいいのだろうか。

汗っかきでもそうでもなくても頭皮臭いか?ときになるとき、頭皮を指で擦ります。

そしてその指の臭いをチェックして臭いと感じたならば、残念ながら頭皮に臭いがあるということです。

他には、ドライヤーを利用してセルフチェックできます。

髪が乾いているときにドライヤーで後頭部から前に風を送り、その風に臭いを感じたらば、頭皮にニオイがあると思われます。

こういったやり方は、男性・女性、大人でも子供でも2歳の幼児でもすべての方に有効です。

枕が時間をかけて何度も皮脂が付くのとは違い、頭皮を直接触れて臭いがするのは、臭いの原因となる常在菌(マラセチア菌)が活性化しているか、余分な皮脂を取り除けていない可能性があります。

特に皮脂については、指で擦った時にテカテカした感じなら過剰に分泌されていることなので、その対策として治らないかもと諦めずにその分はキチンと洗い流すことを心がけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする