頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、

逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると認識して良いでしょう。

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛になります。

はげないとは言い切れません。

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあります。

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

対策を行う必要があります。

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、頭皮の清潔さを保つことです。

清潔にするためには、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、シャンプー後はよく乾かすことです。

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

これにより目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってすすぎます。

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

健康な頭皮に痒みは起こらないので、痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると考えられます。

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症になります。

はげないとは言い切れません。

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

そのうえで、適切な治療を選択します。

抜毛にならないよう注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする