頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの炎症

の種類は、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などです。

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりもそれぞれの症状に最適な治療をするようにしましょう。

赤い頭皮になってしまう理由は、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である疑いがあります。

頭皮に炎症を起こした場合、大きく分けて2つの原因があると言われています。

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、原因は、おおよそストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。

過剰な皮脂は炎症になります。

もっとも皮脂は全くないのは良くないことという点です。

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から影響されないようにする機能があります。

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激してしまうになるわけです。

乾燥した頭皮は紫外線の影響を受けやすくなります。

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その必要量が満たせないほど洗い流してしまった場合などは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

そういった状態で紫外線を浴びれば、その紫外線の影響で頭皮に炎症が起きるというわけです。

頭皮に赤い部分があるときの理由とは、まずはシャンプーです。

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。

硫酸系の成分は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も取り除いてしまい、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

アミノ酸系の成分にもいろいろ性質が違うので、皮膚と相性の良し悪しがあります。

口コミなどを参考にシャンプーをしっかり見極めて使いましょうね。

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、洗髪の方法にも注意します。

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てて洗ったりなど、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

シャンプー後のすすぎが不十分で洗い残すとになってしまいます。

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によってはご自身の努力だけでは早く完全に治すのは難しいかもしれまsねん。

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする