赤い頭皮になってしまう理由は、

炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である疑いがあります。

頭皮の炎症は、主に2つの原因があります。

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことです。

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から影響されないようにする役目があります。

問題なのは過剰にあることで、そのままにしておくと皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激してしまうというわけです。

乾燥した頭皮は紫外線の影響を受けやすくなります。

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤の影響や正しくない洗髪で、その必要量がないくらい洗い流してしまった場合などは、頭皮が皮脂によって守られる作用が弱くなった状態です。

そういった状態で紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで炎症が発症するというわけです。

頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を再チェックします。

赤い部分は炎症なので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を利用したシャンプー剤は避けるべきです。

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはないとは言い切れません。

そういったことも踏まえた上でシャンプー商品を選びましょう。

また、シャンプーのやり方についても再チェックしましょう。

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

しっかりシャンプーの泡を作って泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

その後はしっかりすすいで、ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)生乾きにならないように乾かします。

頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、やはり病院の専門医の診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりも明確な根拠で正しい治療ができるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする