頭皮にニキビなどのできものができた場合、

まず最初にすることは現在使っているシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

ニキビなどのできものがある頭皮では、できるだけ負担を取り除くことが大切です。

シャンプー剤が頭皮への負担の原因になっているかどうか探るために低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、二日に1回にしてみます。

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

なお、低刺激のシャンプーといえば、硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

洗浄力が高い「~~硫酸」とか「~~スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れは適度に落ち、頭皮への刺激は少なくて済みます。

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?ストレスは、皮脂の過剰分泌を誘発し、皮脂が過剰にあるとニキビやできものを作り出す原因となります。

ストレスは溜めこまずに生活することが大事というのが理屈ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多いのも事実です。

「この方法なら誰でも発散できる」なんて言うものは、残念ながらないですが、簡単な方法として、ストレスの原因から離れること、考えないことが基本になります。

ストレスの原因が、たとえば家の外であれば、その中でも誰にも干渉されない場所を見つけることで離れやすいと思います。

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、割り切って受け入れることから始めますかね。

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなればなるほど解消されやしので、自分なりのストレス発散の方法をぜひ探してみましょう。

頭皮にブツブツと湿疹ができることが赤いかゆいだけでは特に痛くないと病気としてとらえない人は、焦って病院の診察を受けようとしない。

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなど様々なことをきっかけにして発症します。

フケや痒みについては、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、その代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも処方薬でもいずれにしても薬を使った方が治りは早いですね。

治らないことは、ほぼありません。

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする