頭皮のできもの対策は、

ヘアケア方法を見直すことも大切です。

まずはシャンプー前にブラッシングです。

次にぬるま湯でよくすすぎます。

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

できものやニキビができている箇所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

健康な個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

タオルドライは、髪の毛を押さえるように水分を吸い取るようにしましょう。

後は、ドライヤーで髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎないように注意してください。

できるだけできもの箇所には付けないようにします。

頭皮湿疹が特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥など様々なことをきっかけにして発症します。

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症からなるものです。

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも病院で処方される薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

治らないということはまずありません。

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

ニキビやできものが頭皮にできてしまったらまず最初にすることはいつものシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

ニキビなどのできものがある頭皮では、刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

シャンプー剤が頭皮への負担の原因なのか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、二日に1回にしてみます。

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

洗浄力が高い「~~硫酸」とか「~~スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも頭皮への刺激は少なくて済みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする