健全な頭皮から髪はしっかり育ちます

しかし、乾燥、痒み、毛穴詰まり、かさぶた、匂い等であると、髪の成長に支障が出ることがあります。

つまり、頭皮ケアは正常な発毛などにするためなくてはならないことです。

頭皮の乾燥は潤いや皮脂が足らなくなり、頭皮のバリア機能の性能が弱くなります。

守る力が弱くなると髪のバリアさえも弱くなって、紫外線や空気の乾燥で弊害が出やすくなって髪のダメージも相当なものです。

逆にべたついた髪になることもあります。

それは頭皮の皮脂が過剰に分泌されると余分な皮脂が髪につき、汗やほこりが混ざることで髪のべたつきにつながってしまうのです。

痒み、乾燥、フケ、べたつき、ニオイなどの頭皮トラブルを予防するためには、原因と考えられる常在菌のマラセチア菌に注意を向ける必要があります。

残念ながらそれらを無くすことはできませんが、弱めれば問題となる症状を引き起こすのリスクを小さくすることはできます。

どうするかというとマラセチア菌の餌の過剰な皮脂量にならないようにします。

餌がなければ、活発にならないし、増殖も抑えられます。

また、マラセチア菌は頭皮のほか、厄介なことに毛穴にも常在します。

つまり、毛穴までケアしないといけないということです。

頭皮のケアは毛穴のケアでもあるということになります。

シャンプーでもクレンジングでも薬局で買える市販のアイテムにしても、グッズの良し悪しではなく頭皮毛穴掃除がしっかりできないと健康な髪にするのは難しいということです。

乾燥・フケ、かゆみ、べたつき・ニオイなどは症状の違うトラブルですが、元の原因は一緒でマラセチア菌(人間の肌の常在菌)が疑わしいと思われます。

マラセチア菌が嫌われる点は、臭いのもとの脂肪酸を出すことで、菌が活性化したり菌の数が増えると脂肪酸の量も増えます。

菌や脂肪酸のせいで、肌の循環再生が乱れ、過敏な状態になります。

それによる発症の仕方は人それぞれですが、たとえば頭皮にかゆみがあったり、べたつきあるいは乾燥したり、トラブルが同時多発的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする