かさぶたになる理由は4つあり、

接触性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、頭部白癬(とうぶはくせん)、脂漏性皮膚炎です。

皮脂欠乏性湿疹でのかさぶたは、白くて乾燥している感じです。

しかし悪化すると出血し、赤黒くなる場合もあります。

強い痒みがあっても掻きすぎないようにしましょう。

肌に優しいシャンプーを継続することで、自力で治せる可能性もあります。

接触性皮膚炎によるかさぶたは、アレルギーや外相が原因御皮膚炎ですので強い痒みがあるので、出血するほど掻き過ぎてしまい、それからできる赤黒いかさぶたです。

湿疹や水膨れの症状を出ることがあります。

できるだけ刺激の少ないシャンプーを使った方がいいでしょう。

脂漏性皮膚炎によるかさぶたは、白くなることが多いです。

肌の金のエネルギー源である皮脂が多すぎるため、菌の活性化によって炎症を引き起こし、ターンオーバーが正しく行われなくなるからです。

頭部白癬によるかさぶたは、黄色や赤黒まで様々です。

白癬菌はカビの一種で、頭に水虫ができたようなもの、かゆいです。

4つの中では症状が取れるまで最も時間がかかるかもしれません。

かさぶたは、主に3つの色(カラー)で症状を分けられます。

白いかさぶたは、乾燥していて文字とおり白っぽく、フタのように患部にかぶさった感じです。

掻き過ぎてできたかさぶたで、落ちてフケになります。

黄色のかさぶたは、膿が出て中はじゅくじゅくしています。

触ったりすると破裂してなかなか治らないです。

皮膚科医による薬などを処方してもらった方がいいでしょう。

赤黒色は、傷になるほど掻くなどして血が出た後、表面だけ乾いたものです。

市販のオロナインを使うことで、自力で治すこともできます。

いずれにしてもかさぶたを無理にはがすことはしない方が無難です。

頭皮かさぶたの防止することや緩和するための心構えです。

皮脂の分泌を抑える:ビタミンB群の摂取を心がけ、脂物や甘いものを極端に多くせず、摂取する栄養のバランスに注意します。

新陳代謝やホルモンバランスの安定:ホルモンバランスの安定化のためには、質の高い睡眠とストレスを溜めないことが重要です。

特に就寝直後の90分間は、睡眠の質を決める時間帯と言っても過言ではないので、そのため寝るときは胃を軽くする、ブルーライトは避けるなどの工夫が必要です。

また、夕方までに適度に運動することで血行も新陳代謝も良くなり、寝つきも良くなります。

シャンプーとシャンプー後:頭皮を無駄に刺激しないようアミノ酸系や植物由来のシャンプーを使用しましょう。

洗髪後、髪や頭皮が濡れたままだと蒸れてマラセチア菌が増えてしまうこともありますので、熱風に注意しつつドライヤーで乾かします。

痒みを抑える、皮膚炎を治す:痒みを抑えれば掻くことが減り頭皮を傷つけるリスクが下がります。

そのためには、強い痒み、黄、赤黒のかさぶたは、皮膚炎の疑いがあるので、病院で正しい処置をしてもらうことが賢明です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする