汗は不愉快にニオイのもととなります。

汗のコントロールは、頭皮に湿疹ができてしまうことも防ぐことができます。

ネットの口コミの内容を解析すると、市販の重曹とハッカ油で制汗剤や消臭剤を手軽に作れるようなので、デオドラントにはおすすめですが、汗拭きシート、制汗スプレーなどドラッグストアで買えるような市販品でも手軽に汗対策することが必要です。

どんな商品を使えばいいか、最初は売れ筋ランキングの上位から選んでも良いと思います。

美容院やメンズサロンでよく聞く話だと、頭皮クレンジングやヘッドスパは気持ちも頭皮もさっぱりしてお薦めです。

ただし、毎日のシャンプーそれとシャンプー後の処置が重要とのことです。

毎日のシャンプーに注意しても乾燥が激しい場合は、オイルシャンプーまたはオイルクレンジング、それとオイルマッサージも考えてみるといいかもしれません。

それと最近の流行では、塩浴です。

シャンプー剤や石鹸・ボディソープなどを使わずに塩で洗うというやりかです。

例えば、海で海水が付いた髪がべたつくのと原理は同じで、塩が余分な皮脂を頭皮の外に出した状態です。

皮脂が増える原因は、洗髪、ストレス、ヘアドライ、食事、加齢といえるでしょう。

洗髪、つまりシャンプーで皮脂のなくてはいけない分さえも洗い流してしまうことで、頭皮を乾燥しないようにと体が通常時よりも多くの皮脂を分泌しようとする作用が働きます。

それにシャンプー剤を洗い残すとそれは頭皮を刺激する原因になり、この場合も皮脂の分泌を増やします。

ヘアドライは、タオルだけでは髪はもちろん頭皮の水分も完全に乾かすことはできないので、体温によって残った水分が蒸れてしまい、皮脂が過剰に分泌されてしまう原因となります。

とは言えドライヤーで頭皮を乾燥させ過ぎてしまうこともあり、それもまた皮脂を分泌させてしまいます。

精神的なストレスは、体内のホルモンバランスを乱します。

そのことで、皮脂分を促す男性ホルモンが過剰に分泌されると多くの皮脂分泌になってしまいます。

年齢を重ねることで、肌の保湿と分泌される皮脂の量のバランスが崩れがちで、相対的には皮脂の分泌が多くなってしまいます。

食事については、顕著な好き嫌い、とりわけ揚げ物や甘いものをたくさん食べると皮脂は増える傾向にあります。

お菓子や果物、それと乳製品の糖分は、皮脂分泌につながりますので、それらの食べ過ぎはそれだけ余慶や皮脂が増えることとなります。

汗っかきでもそうでもなくても頭皮のニオイチェックの方法は、頭皮を指で擦ります。

そしてその指の臭いを嗅いだ時、臭かったら頭皮は臭っていると思われます。

その他、ドライヤーを使ったチェック方法もあります。

髪が乾いているときにドライヤーで後頭部から前に風を送り、その風に臭いを感じたらば、頭皮にニオイがあると思われます。

こういったやり方は、男性・女性、大人でも子供でも2歳の幼児でもでも間違いありません。

枕が時間をかけて何度も皮脂が付くのとは違い、頭皮を直接触れて臭いがするのは、臭いの原因となる常在菌(マラセチア菌)が活性化しているか、余分な皮脂を取り除けていないことが考えられます。

特に皮脂については、指で擦った時にテカテカした感じなら分泌され過ぎていることを意味するので、治らないかもと諦めずに余分な皮脂はしっかり洗い流すことを心がけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする