頭皮が乾燥する原因は様々です

代表的な原因は、シャンプー剤の成分です。

これは、男性でも女性でも子供でも赤ちゃんでも春、夏、秋、冬と一年を通して対策すべきなのは同じです。

頭皮の最低限の皮脂さえも洗い流してしまうことで、頭皮は乾燥し、それが酷くなると痛いこともやかゆみを発症します。

また、ドラッグストアで買えるシャンプーやヘアトニックなどを過剰な頻度で使うとか、頭皮に爪を立てる・乱暴に洗う等も原因になると言えます。

それと暑いシャワーを頭皮にあてても必要以上に皮脂が取れてしまい、乾燥の改善を阻みます。

このように髪や毛穴の清潔さを保つための洗髪が原因となり、頭皮を乾燥させてしまうことが大半です。

他、頭皮には避けたい刺激といえば、UVや空気の乾燥、寒さなどですのでできるだけ避けるようにしましょう。

アラントインは、肌荒れ、にきびの赤み改善に役立つ消炎効果、アレルギー抑制作用、細胞の若返りなどに有力な効能があるとして医薬品に利用される成分です。

それが配合された化粧品は、医薬部外品となります。

抗炎症作用や抗刺激作用により化粧品に利用し化粧品に含まれる他の成分による刺激性を緩和することで、メーカーが、化粧品の染料による刺激を何とかしたい、敏感肌向けの商品に新たな成分を試したいときに有用です。

また、育毛作用も実証されていたり、アレルギーで患った目の粘膜にも効果的のためほとんどの目薬に配合されています。

精神的ストレスや睡眠時間の不足、食生活の乱れも痒みやフケを伴う頭皮乾燥を体の内面から起こす原因です。

精神的なストレスがたまったり寝不足は、全体的に血行が悪くなります。

すると体の代謝力が低くなって、角質の入れ替わりの肌再生のサイクル(ターンオーバー)が、正常に行われない場合があります。

それは肌が外側の刺激に耐える力や保水する力が弱くなり、乾燥につながります。

この乾燥メカニズムは、頭皮でも同様です。

ちなみにアトピー性皮膚炎は、肌の循環過程が短い場合が多いです。

肌の循環過程を正常化させるには、まず正しい睡眠が必要です。

睡眠は、最初の90分間で深い眠りになるので、1回目のノンレム睡眠をしっかり眠ることが大切です。

それと食事の摂り方です。

ビタミンの不足や偏りが問題ですが、特にビタミンB6とビタミンAは新陳代謝を促すことに寄与するので、適度に摂れるように心がけましょう。

ビタミンAはニンジン、ホウレンソウ、シソなどに多く含まれます。

ビタミンB6はレバーやマグロが含有量が多く、手軽さでいえばバナナです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする