肌にできるニキビと頭皮にきびは、

どのように違いがあるかご存知ですか?痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治りにくいと思っている人には、気になるかもしれません。

知らない人が多いと思われるのは、顔のにきび、そして頭にできるニキビは、医学上は同じです。

顔と頭、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、赤く吹き出ます。

頭皮については、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が盛んです。

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔面のにきびほど目立たないので、対処がおざなりになりがちです。

そのような理由で、頭にできるニキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

男性も女性も生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたがあって痛いかゆい頭皮ニキビの対策方法は原因排除が重要で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですからそのためシャンプーは必須です。

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、市販薬では治らないケースがほとんどで、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

頭皮ニキビができてしまった、またはできやすい人は、シャンプー方法を見直しましょう。

大切なことは、どんな成分でもシャンプー市販剤を直接地肌につけないこと、余分な皮脂はきちんと落とすこと、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、また洗髪の時のシャンプーは毛穴に残らないように十分にすすいで流しきることです。

洗髪後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

頭皮にニキビができる原因は、過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こしてにきびになります。

頭ににきびができる過程は顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていてたくさん皮脂量があるので、活発なアクネ菌のためにきびができやすい条件となっています。

また、頭は髪が多いので、角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする