頭皮のにきびは、

余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

また外部の刺激に強く健康な皮膚にすることが大切です。

そのために意識すべきことは、次の通りです。

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、アルコールはほどほどに、よく眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

肌にできるニキビと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるでしょう。

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治りにくいと思っている人には、不思議な点かもしれません。

知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、症状は同じです。

顔面と頭皮、原因はどちらも毛穴に皮脂が詰まったせいです。

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、にきびはできます。

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が活発です。

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔面のにきびほど気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

そういったことで、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

頭から出る白いかさぶたは、肌再生が正常に行われていないことが原因と思われます。

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で表皮の最も外側にある角質になります。

この肌の循環の周期が短くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま新しい角質になります。

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥し、敏感な肌になってしまうのです。

逆に循環過程の周期が遅くなると古い角質が肌の表面に残るので、肌がくすんで見えたり、ごわつく原因となります。

よく聞かれるアトピーは、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする