頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、

ケアの注意点はシャンプーと保湿です。

頭皮湿疹の画像を見ると見えるに堪えられないレベルでかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科に入ったのでしょうか?時には、ストレスをなくすことや薬も必要です。

わかっているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

頭皮には、皮脂腺や汗腺がとても多く常に分泌しています。

特に皮脂腺は、最も多いです。

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、それ以外の肌のトラブルも同じだと認識しましょう。

シャンプーは顔にも使えるものを使い、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

子供であってもかゆいや痛いと感じたら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

かゆい・痛い頭皮湿疹にしないために洗髪は、頭皮の脂を取り除こうとゴシゴシ洗うのは避けましょう。

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

温めのお湯とは、38℃くらいでしょうか。

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

シャンプー剤は、手に適量を取ってよく泡をたたせます。

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて両手の指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

泡を流すときは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

濡れた髪は、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

これにより頭皮の湿疹が治らないということがならないようにします。

当然、抜け毛の予防にもなります。

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

皮膚科ではなく市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

それが油断した結果かもしれません。

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

接触性皮膚炎なら原因になる物質を避けなければなりません。

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑ってみましょう。

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

自分では原因がわからない、治し方がわからないならば、専門の医療機関を受診することで適切な薬を処方してもらいましょう。

そうしないとドラッグストアの市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしの状態にはなりません。

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする