村田園村田園の万能茶には、ハブ茶が使われています。

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸内運動を活発にして便をゆるくしてくれます。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらは食物繊維を多く含みますからこちらも排便の役に立ちます。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利用の作用があり、身体の巡りをよくしてくれます。

 

キチンと消化してキチンと出す、という点で優れていますね。

 

村田園万能茶の良い点には、続けられるということがあります。

 

いくら健康に良いと言われても味がマズければ続けるのは無理です。

 

続けなければ、なんの効果も得られません。

 

万能茶を飲み続けている人の多くは、手軽で美味しいから続けられるという意見です。

 

加えて健康にもいいのですから飲まない理由はないでしょう。

 

いつもの一杯を村田園万能茶に変えるだけで美容にも健康にも良いので、ご家族全員にお勧めです。

 

万能茶はカフェインを含む素材は不使用ですから赤ちゃんだって飲むことができます。

 

それに赤ちゃんの便秘対策にもなります。

 

小さい頃から習慣にすれば、子供に好きそうな甘いジュースを飲まなくても済みます。

 

すると過剰な糖分を心配することもなく、虫歯予防にもなりますね。

 

糖分は含まれませんが、甘さをほんのり感じることができるので、子供たちにも飲みやすくそれで子供にも好まれるお茶になっているのですね。

 

妊娠中でも出産後でも年配者も赤ちゃんでも美味しくいただけるお茶です。

 

万能茶は身体の調子を改善していくいろいろな成分がたくさん含まれています。

 

そのうち特にミネラルやビタミンが豊富で、新陳代謝を高めることにも効果的です。

 

これらを程よく少しずつ摂ることで、例えば肌トラブルの改善、「肌の状態が良くなった」「便秘が解消された」「花粉症が軽減された」など等、普段の生活に広く恩恵を与えてくれる健康茶として知られています。

 

ふつうの健康茶は、原材料にある有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く感じられやすいのですが、万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう調合されています。

 

とは言え、味の嗜好性は様々なので、シロップや蜂蜜で甘味をつけたり、レモンやミルクなどと合わせたりして、美味しいと思える飲み方で楽しむことができます。

 

村田園万能茶のボタニカルセットは1パックで1Lのお茶が作れるので、1日分の水分がこれで摂取できます。

 

ミネラルやビタミンを多く含むため疲労感を軽減させるにも良いのですね。

 

疲れが取れてリラックスできるお茶なのだと思います。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、村田園の万能茶5包に十二穀米2パックで500円(税込・送料無料)ですので、自分の体に合うかどうか分からないからと躊躇されている方には大変嬉しい内容です。

 

万能茶は、温めたものを朝に飲む習慣が効果的です。

 

もちろん、夜寝る前や水筒で携帯してお好きなタイミングで飲んでもOKです。

 

大切なことは、無理せずに続けることです。

 

苦みや渋みが苦手であれば、煮出す時間を短くても構いません。

 

蜂蜜で甘くしたり、レモンで風味を変えたりするのもいいですよ。

 

熱中症対策用に冷やしたアイスティーのようにして愛飲してもいいですね。

 

普段飲むお茶を万能茶にするだけで嬉しい変化に気づきます。

 

村田園万能茶を続けることで、意識することなくたっぷりの薬草や穀物類の健康のためになる成分を摂ることができます。

 

原材料の自然由来の成分のおかげで、便秘やむくみの解消につながり身体が軽くなる感じです。