村田園万能茶は甜茶が使われています。

村田園万能茶は甜茶が使われています。

甜茶に含まれる代表的な成分はマグネシウムです。

 

 

マグネシウムは便を柔らかくするため病院でも処方される便秘薬として重宝されるミネラル(必須元素)です。

 

また、万能茶の素材にはドクダミもあり、以前からドクダミを煎じて飲むと便秘が改善できるとして知られています。

 

同様に田舎麦は胃腸に優しく作用して、それととうきびとウーロン茶は食物繊維を含むので、万能茶は便秘対策に有効と評価が高いのです。

 

それぞれ、単品のお茶として便秘解消を実感された愛飲者が多数いるのですが、それらを一緒に摂ることにより相乗効果となって便秘が改善できするのだろうと思われます。

 

普段飲むお茶を村田園村田園の万能茶に代えるだけで嬉しい変化に気づきます。

 

万能茶を続けることで、意識することなく薬草や穀物などに含まれる多くの健康のためになる成分を摂取できます。

 

自然由来の素材の有効成分によって、女性の悩み(便秘、むくみなど)の解消につながり健康を実感できます。

 

万能茶の原材料にある浜茶やハト麦には、排尿を促す作用があります。

 

その作用によって過剰な水分はため込まれることなく、体のむくみの解消に貢献してくれます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら温めて飲みましょう。

 

冷えたものだと体が冷えて血流や水分代謝が滞ることの恐れがあります。

 

こういったことから女性が悩みがちな顔や手足のむくみを解消してくれる万能茶は、日々の生活に疲れた女性におすすめしたいと思います。

 

万能茶に含まれる天然素材は、美容サポートに良いとされるはと麦、桑の葉、柿の葉の3種類、スッキリのために「ハブ茶/とうきび/大麦」の3種類、グズグズ&リラックスをサポートする桑の葉、あまちゃづる、ウーロン茎の3種類、それと「大豆/クコ/浜茶/どくだみ/甘草/甜茶/くま笹」を合わせて全部で16種類です。

 

健康な体調を維持するの効果が期待できるブレンドです。

 

自然由来の原材料で、人工的に合成していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

万能茶は、ハトムギ(食物繊維が多い)、排便を促す作用があるドクダミ、腸の機能を改善する作用がある田舎麦などが組み合わされているので、便秘の改善に効果が期待できます。

 

それとハトムギやドクダミには、むくみを解消する効果もあるので、便秘解消と合わせてデトックス効果が期待できます。

 

しかし村田園の万能茶はあくまで健康食品なので、処方薬とは違い実感できる効果が数日で現れるわけではありません。

 

日々継続することが大事です。

 

万能茶を飲むのは、温めたものを朝に飲む習慣が効果を実感しやすいです。

 

もちろん、夜寝る前や昼間に水筒などに移し替えて時と場所を選ばずに飲んでも大丈夫です。

 

大事なのは、続けることなんで、その点をお忘れなく。

 

もし、苦さや渋さが気になるならば、やかんで煎じる時間を短くても構いません。

 

蜂蜜で甘くしたり、レモンで香りを付けたりしてもいいでしょう。

 

熱中症対策用に冷蔵庫で冷やしてアイスティーのようにして愛飲してもいいですね。

 

一般的に健康茶では、それに含まれる有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く感じられやすいのですが、村田園万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう組み合わされています。

 

もちろん味の好みはそれぞれですので、ハチミツやシロップで甘味をつけたり、レモンやミルクなどと合わせたりして、美味しいと思える飲み方で飲むことができますよ。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘に効くと広く知られているが、飲み過ぎによってお腹が緩くなることがあります。

 

しかし、村田園の万能茶のように何種類かの素材がブレンドされたお茶であれば、特定の1種類を飲みすぎることはありません。

 

お茶に限らず、食品は美容や健康にいいと言われても特定の何か1つだけにこだわって1度に大量摂取するより、体に合う量をそれを続けることで目的がかないやすいと注意しましょう。

 

 

 

page top