村田園万能茶は、普通の健康茶と一緒で煮出すことによって健康に良い成分を得ます。

村田園万能茶は、普通の健康茶と一緒で煮出すことによって健康に良い成分を得ます。

煮出せば煮出すほど有効成分がより抽出されますが、長い時間煮出すと渋さと苦さが強くなり、飲みづらいことも良くあります。

 

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、沸騰したお湯に浸すだけで抽出されます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に入れて火にかけて時間をかけじっくりと煮出さないと有効成分を抽出できないのもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、5〜10分程度でほとんど抽出することができ、植物の種子や根茎など硬かったり厚みがある材料なら時間をかけて煮出すようにするのがセオリーです。

 

万能茶に含まれているハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、排尿を促す作用があります。

 

その作用によって過剰な水分はため込まれることなく、顔や手足のむくみを減らすことに期待できます。

 

ただし、むくみの解消目的であれば温めて飲みましょう。

 

冷たい状態で飲むと胃腸が冷えて血流や水分代謝が滞ることの恐れがあります。

 

こういったことから多くの女性が持つ足や顔のむくみを解消してくれる万能茶は、仕事や家事に疲れた女性にぜひ飲んでもらいたいと思います。

 

万能茶のボタニカルセットは1パックで1Lのお茶が作れるので、おおむね1日の水分補給が賄えます。

 

ミネラルやビタミンを多く含むため倦怠感を軽くすることができます。

 

疲れが取れてリラックスできる健康茶というわけです。

 

WEB限定パッケージのお試しセットは、500円で万能茶18g×5個と健康十二穀米2つは付きますので、本格的に飲み続けることができるかどうか自信がないと定期購入を決められない方には都合の良い企画です。

 

村田園万能茶をはじめ、今まで健康飲料などに手を出したことがなかったという人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、麦茶や緑茶などを飲むのであれば資質や糖質が余分に入っていないのでそれで十分なのでは?

 

と考えられている人が一定数いるようです。

 

でも村田園万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味しいし飲みやすいし一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、そして健康にも良い成分がたくさん入っているからです。

 

万能茶は甜茶が使われています。

 

甜茶はマグネシウムを含んでいて、マグネシウムは便を柔らかくするため病院でも処方される便秘解消の薬として利用されるミネラル(必須元素)です。

 

それとドクダミも使われていて、ドクダミ茶は昔から便秘解消のお茶と広く愛飲されています。

 

同じように田舎麦は胃腸の機能を改善し、それととうきびとウーロン茶は食物繊維を含むので、村田園の万能茶は便秘対策に有効と評価が高いのです。

 

それぞれ、単品のお茶として飲んでも便秘解消の効果がある訳ですが、村田園万能茶は同時に飲めることで相乗効果となって便秘解消に役立つのではないかと思います。

 

万能茶に含まれる天然素材は、美容サポートに良いとされるはと麦、桑の葉、柿の葉の3種類、スッキリをサポートするハブ茶、とうきび、大麦の3種類、グズグズ解消とリラックスのために「桑の葉/ウーロン茎/アマチャヅル」の3種類、それと「大豆/どくだみ/甘草/甜茶/くま笹/クコ/浜茶」を合わせて全部で16種類です。

 

健康な体調を維持するの効果が期待できるブレンドです。

 

自然由来の原材料で、人工添加物を使用していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

一般的に健康茶では、それに含まれる有効成分を十分に抽出するために長い時間で煮出す必要があり、それによって苦さや渋さが強く感じられやすいのですが、万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう組み合わされています。

 

もちろん味の好みはそれぞれですので、ハチミツやシロップで甘みを加えたり、レモンやミルクなどと一緒に飲んだり、自分の好みに合わせて飲むことができますよ。

 

ダイエットには、食べたものをお腹に溜めておかないという考え方があります。

 

万能茶に使われているハブ茶、とうきび(とうもろこし)、大麦の主な作用によって腸内運動が活発化されます。

 

他に16種類の穀物、和漢植物、野草などを合わせ使うことで、健康維持に最適な飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排便や排尿の助けとなり、おなか周りがスラっとしてくると楽しみなわけです。

 

また、やかんで大量に作るだけで、ホットでもアイスでも飲めるという気軽さは、ダイエットは継続することが大切という点をカバーしています。

 

 

 

page top