万能茶を飲むのは、温めたものを朝に飲む習慣が効果的です。

夜お休み前や昼間に水筒などに移し替えてお好きなタイミングで飲んでも大丈夫です。

 

 

大切なことは、無理せずに続けることです。

 

もし、苦さや渋さが気になるならば、やかんで煎じる時間を数分にしてもいいでしょう。

 

蜂蜜で甘くしたり、レモンで風味を変えたりするのもいいですよ。

 

暑い日には、冷蔵庫で冷やして経口補水液の代わりとして飲んでみるのもいいでしょう。

 

村田園の万能茶には、ハトムギ(食物繊維が多い)、排便を促す作用があるドクダミ、田舎麦(整腸作用)、組み合わされているので、便秘の改善に効果が期待できます。

 

それとハトムギやドクダミには、むくみを解消する効果もあるので、お通じ改善とともにデトックス効果が期待できます。

 

しかし村田園の万能茶はいわゆる健康茶ですから処方薬とは違い目に見える効果がすぐに現れるわけではありません。

 

毎日地道に続けることが大事です。

 

普段飲むお茶を万能茶に代えるだけで変化が起きるのです。

 

この万能茶を飲むことで、意識することなく薬草や穀物などに含まれる多くの人の体に優しい成分を摂取できます。

 

原材料の自然由来の成分のおかげで、女性の悩み(便秘、むくみなど)の改善になって身体が軽くなる感じです。

 

万能茶は、普通の健康茶と一緒で煮出すことによって健康に良い成分を得ます。

 

長い時間煮出すことで、有効成分がより抽出されますが、長い時間煮出すと苦味と渋みが強調されて、飲みにくくなるのも事実です。

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、沸騰したお湯に浸すだけで抽出されます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に入れて火にかけてじっくり長い時間煮出さないと健康に良い成分を抽出できないのもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、10分以下で抽出されるものがほとんどで、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、時間をかけて煮出すようにするのが基本です。

 

太り気味の人にとって万能茶は、とくに嬉しい痩身効果のある成分も含まれているので、糖質、脂肪、塩分を摂取し過ぎとなっている人ににも万能茶は価値ある健康茶と言えます。

 

ある年配者の体験ですが、高血圧を患っていながら村田園の万能茶を続けたところ、いつの日か「高血圧も改善された」と成功体験もありました。

 

今も継続していて昔よりも身体の調子が良い日が多いようです。

 

万能茶の良い点には、継続しやすい点があります。

 

どんなに健康に良いからと言っても味がマズければ続けるのは無理です。

 

続けられなければ、何の実感も期待できません。

 

村田園の万能茶を飲み続けている人の多くは、味が美味しいので続けやすいという評価です。

 

加えて健康にもいいのですから飲まない理由はないでしょう。

 

いつもの飲み物を村田園の万能茶にすれば美容にも健康にも良いので、ご家族全員にお勧めです。

 

村田園の万能茶の原材料にあるハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、排尿を促す作用があります。

 

そのため余分な水分は体にため込まれず、顔や手足のむくみを減らすことに期待できます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら温めて飲みましょう。

 

冷えたものだと胃腸が冷えて体の巡りが良くないことになってしまいます。

 

こういったことから多くの女性が持つ顔や手足のむくみを解消してくれる村田園の万能茶は、仕事や家事に疲れた女性におすすめしたいと思います。

 

万能茶だけでなく、これまで健康茶などに手を出したことがなかったという人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、麦茶や緑茶などを飲むのであれば無駄な糖質や脂質は入っていないからそれで十分なのでは?

 

と考えられている人が少なくありません。

 

でも村田園万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味して飲みやすく、一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、それと体に良い原材料が多く使われているからです。