万能茶は、食物繊維が多いハトムギやドクダミ(排便を促す)、田舎麦(整腸作用)、

配合されているので、結果、便秘の解消に活躍します。

 

 

また、ドクダミやハトムギにはむくみを解消する効果もあるので、お通じ改善とともにデトックス効果が期待できます。

 

でも、村田園万能茶はいわゆる健康茶ですから処方薬とは違い目に見える効果がすぐに出るということではないです。

 

毎日地道に続けることが大事です。

 

万能茶はカフェインを含む素材は不使用ですから赤ちゃんも飲むことができるうえ赤ちゃんの便秘対策にもなります。

 

また、習慣づけることで子供に好きそうな甘いジュースを飲み過ぎの防止ができます。

 

そうすれば、糖分の取り過ぎを心配することもなく、虫歯を防げますね。

 

砂糖は入っていないけど甘さをほんのり感じることができるので、子供たちにも飲みやすくそれで子供にも好まれるお茶になっているのですね。

 

妊娠中から産後、赤ちゃんから大人までずっと飲み続けることができるお茶です。

 

村田園の万能茶に使われる素材には、ハブ茶もあります。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

その成分は胃で吸収されず、腸を刺激するので便をゆるくしてくれます。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらには食物繊維が多く含みますからやはり腸の活動の助けになりますよね。

 

大麦にはカリウムも含まれいて利尿作用が期待でき、身体の巡りをよくしてくれます。

 

キチンと消化してキチンと出す、という点で優れていますね。

 

万能茶の長所には、継続しやすい点があります。

 

どんなに健康に良いからと言っても味が美味しくなければ続けられません。

 

続けられなければ、なんの効果も得られません。

 

万能茶を飲み続けている人の多くは、味が美味しいので続けやすいという評価です。

 

さらに、健康にも良いのであれば続けない理由はないですよね。

 

いつもの飲み物を万能茶にすれば体にも美容にも良いので、ご家族全員にお勧めです。

 

ドクダミ茶は便秘に効くと広く知られているが、飲み過ぎによってお腹が緩くなることがあります。

 

でも万能茶は、どくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶なので、特定の1種類を飲みすぎることはありません。

 

お茶に限らず、食品は健康にいいからといって特定の何か1つだけにこだわって規定以上にたくさん摂るのではなく、適量を毎日摂る、継続して摂ることが目的がかないやすいと覚えておきましょう。

 

村田園万能茶をはじめ、これまで健康茶などに試したことがなかった人は、炭酸飲料だけ飲むと健康に良くないけど、日本茶などであれば、資質や糖質が余分に入っていないので問題ないと考えられている人が少なくありません。

 

でも万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味しいし飲みやすいし毎日飲んでも飽きがこない、それと体に良い原材料が多く使われているからです。

 

万能茶の原材料にあるハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、利尿作用があります。

 

その作用によって過剰な水分はため込まれることなく、顔や手足のむくみを減らすことに期待できます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら必ず温めてから飲むこと、冷たい状態で飲むと胃腸が冷えて体の巡りが良くないことになってしまいます。

 

こういったことから多くの女性が持つ顔や手足のむくみを改善する万能茶は、仕事や家事に疲れた女性におすすめしたいと思います。

 

太り気味の人にとって万能茶は、ありがたいダイエット効果成分も多く含まれており、糖分・脂肪分・塩分の取り過ぎ気味となっている人ににも村田園村田園の万能茶は価値ある健康茶と言えます。

 

ある年配者の体験ですが、高血圧を患っていながら村田園万能茶を飲み続け、いつの日か「高血圧も改善された」と喜んで話してくれました。

 

今でも飲み続けており、不調を感じない日が多いようです。