万能茶の素材には、甜茶も使われています。

万能茶の素材には、甜茶も使われています。

甜茶に含まれる代表的な成分はマグネシウムです。

 

 

マグネシウムは便を柔らかくするため病院でも処方される便秘解消の薬として利用されるミネラル(必須元素)です。

 

それとドクダミも使われていて、以前からドクダミを煎じて飲むと便秘が改善できるとして知られています。

 

同様に田舎麦は胃腸に優しく作用して、食物繊維を服もウーロン茶ととうきびのおかげで、村田園の万能茶は便秘解消に一役も二役も買っているのです。

 

それぞれ、単品のお茶として便秘解消を実感された愛飲者が多数いるのですが、万能茶は同時に飲めることで相乗効果となって便秘が改善できするのだろうと思われます。

 

村田園万能茶に使われる素材には、ハブ茶もあります。

 

ハブ茶は、酷い便秘の際に処方される漢方薬です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、その成分は胃で吸収されず、腸内運動を活発にして排便を促します。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらは食物繊維を多く含みますからやはり腸の活動の助けになりますよね。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利用の作用があり、身体の巡りをよくしてくれます。

 

キチンと消化してキチンと出す、という点で優れていますね。

 

村田園の万能茶の良い点には、続けられるということがあります。

 

いくら健康に良いと言われても味が美味しくなければ続けられません。

 

続けなければ、何の実感も期待できません。

 

村田園の万能茶を飲み続けている人の多くは、手軽で美味しいから続けられるという意見です。

 

加えて健康にもいいのですから飲まない理由はないでしょう。

 

いつもの飲み物を万能茶にすれば美容にも健康にも良いので、ぜひ飲みたいと思うところです。

 

村田園万能茶は1982年から販売され、現在は年間300万本以上も売れているロングセラー商品です。

 

カフェインもカロリーもゼロですので、飲む人を選ばず、一袋で24リットル分のお茶が作れるのでとても経済的です。

 

健康志向の現代では、手軽に飲める健康茶が人気となっている背景もあり、村田園万能茶はたくさんの人に愛されている商品です。

 

万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、くま笹、はぶ茶など、副作用の少ない整腸作用のある薬草からできています。

 

そういった意味で安心して飲めて、腸に優しくゆるやかにお通じを促すため、お通じに悩んでいる人や胃腸が弱い人におすすめできる商品です。

 

村田園万能茶に含まれている柿の葉は、ビタミンCが豊富に含まれているため肌トラブルに効き目があります。

 

また、ハト麦は、タンパク質・カリウムなどが都合よく含有しているため健康的な肌のために最適です。

 

万能茶に含まれる原材料は自然由来で、美容サポートに良いとされるはと麦、桑の葉、柿の葉の3種類、スッキリをサポートするハブ茶、とうきび、大麦の3種類、グズグズ解消とリラックスのために「桑の葉/アマチャヅル/ウーロン茎」の3種類、それと「大豆/クコ/浜茶/どくだみ/甘草/甜茶/くま笹」を合わせて全部で16種類です。

 

健康な体調を維持するの効能を発揮するお茶です。

 

天然素材で、人工的に合成していない健康茶なので安心して飲めます。

 

村田園村田園の万能茶は、肥満気味の人にとってはとくに嬉しいダイエット効果成分も含まれているので、糖質、脂肪、塩分を取り過ぎ気味と言われている現代人にも、村田園万能茶は価値ある健康茶と言えます。

 

私の父の体験談として、高血圧に悩んでいながら村田園村田園の万能茶を続けたところ、徐々に血圧が安定してきたと喜んで話してくれました。

 

今でも飲み続けており、昔よりも身体の調子が良い日が多いようです。

 

ふつうの健康茶は、原材料にある有効成分を十分に抽出するために煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く出やすいのですが、村田園万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように組み合わされています。

 

もちろん味の好みはそれぞれですので、ハチミツやシロップで甘味をつけたり、レモンやミルクなどと合わせたりして、自分の好みに合わせて飲むことができますよ。

 

 

 

page top