万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、くま笹、

万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、くま笹、

はぶ茶など、整腸作用があって副作用の少ない原材料が使われています。

 

 

そういった意味で安心して飲めて、腸に優しくゆるやかにお通じを促すため、お通じに悩んでいる人や胃腸が弱い人にお勧めできるお茶です。

 

万能茶に含まれている柿の葉は、ビタミンCが多く含有し、肌荒れやニキビの改善に効き目があります。

 

また、ハト麦は、たんぱく質やカリウム等が都合よく含まれているため美肌作りには期待できます。

 

万能茶の特徴として、便秘の解消、血圧の安定、適度な水分摂取、アレルギー症状(花粉症など)、無理のないダイエットがあげられます。

 

水分摂取のため紅茶、コーヒー、加糖したジュースなどは、自販機でも買えて手に入りやすいので利用しがちですが、これらは体の健康のためにはあまり良いことではありません。

 

砂糖が使われている飲み物で太ったり、場合によってはカフェインのせいでトイレの回数が増えると逆に水分が不足になりえます。

 

その点、村田園村田園の万能茶ならば、自然由来の原材料100%でカフェインもカロリーもないので、妊娠中の女性でも子供でも飲むことができます。

 

万能茶は、健康飲料と呼ばれるもので、いろいろな自然由来の原材料が配合されています。

 

16〜20種類もの生薬や漢方がブレンドされていて煮出しますが、その時の気分で体調や味の好みに合わせて煮出す時間を加減して、都合のいいように飲むできます。

 

健康志向が流行っていますが、忙しい現代人にとって万能茶は手軽に健康成分を摂取できるのでとても重宝します。

 

とは言え「万能」茶ですが、処方薬同様にすぐ効果があるわけではないので、毎日飲み続けることが大事です。

 

毎日飲むのは厳しいなと思う方もいるかもしれませんが、まずは1日に1杯だとしても無理せず進めていきましょう。

 

毎日のお茶を万能茶に代えるだけで嬉しい変化に気づきます。

 

村田園万能茶を続けることで、意識することなくたっぷりの薬草や穀物類の健康のためになる成分を摂ることができます。

 

原材料の自然由来の有効成分によって、女性の悩み(便秘、むくみなど)の解消につながり身体が軽くなる感じです。

 

万能茶に含まれている浜茶やハト麦には、排尿を促す作用があります。

 

その作用によって過剰な水分は体にため込まれず、顔や手足のむくみを減らすことに貢献してくれます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら温めて飲みましょう。

 

冷たい状態で飲むと体が冷えて体の巡りが良くないことになってしまいます。

 

それに注意して多くの女性が持つ顔や手足のむくみを改善する万能茶は、仕事や家事に疲れた女性におすすめしたいと思います。

 

村田園村田園の万能茶の良い点には、続けられるということがあります。

 

いくら健康に良いと言われても味が美味しくなければ続けられません。

 

続けなければ、何の実感も期待できません。

 

万能茶を飲み続けている人の多くは、手軽で美味しいから続けられるという意見です。

 

さらに、健康にも良いのであれば飲まない理由はないでしょう。

 

いつもの飲み物を村田園の万能茶にすれば体にも美容にも良いので、ご家族全員にお勧めです。

 

ダイエットには、食べたものをお腹に溜めておかないというのが理想です。

 

村田園の万能茶の素材にあるハブ茶、とうきび(とうもろこし)、大麦の主な作用によって腸内運動が活発化されます。

 

併せて16種類の穀物、和漢植物、野草などを合わせ使うことで、健康維持に最適な飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排便や排尿の助けとなり、おなか周りがスッキリすると期待できるわけです。

 

また、やかんで大量に作るだけで、作り置きして飲みたいときに飲めるという気軽さは、ダイエットは継続することが大切という点をカバーしています。

 

村田園万能茶には、ハトムギ(食物繊維が多い)、排便を促す作用があるドクダミ、田舎麦(整腸作用)、配合されているので、結果、便秘の解消に活躍します。

 

また、ドクダミやハトムギにはむくみを解消する効果もあるので、お通じ改善とともに体の解毒効果もあります。

 

でも、村田園の万能茶はあくまで健康食品なので、処方薬とは違い実感できる効果が数日で出るということではないです。

 

毎日地道に続けることが大切になります。

 

 

 

page top