万能茶とは、いわゆる健康茶といわれる飲み物で、様々な天然素材が配合されています。

万能茶とは、いわゆる健康茶といわれる飲み物で、様々な天然素材が配合されています。

生薬や漢方が少なくても16種類入っていてやかんで煎じたりしますが、その時の気分で体調や味の好みに合わせて煮出す時間を加減して、都合のいいように飲むできます。

 

 

健康志向が流行っていますが、忙しい現代人にとって万能茶は手軽に健康成分を摂取できるので大変便利です。

 

とは言え「万能」茶ですが、薬のような即効性はないため、少しずつでも続けることが大切です。

 

毎日飲むのは厳しいなと思う方もいるかもしれませんが、まずは1日1杯から無理せず進めていきましょう。

 

ふつうの健康茶は、原材料にある有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く感じられやすいのですが、万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように調合されています。

 

とは言え、味の嗜好性は様々なので、ハチミツやシロップで甘みを加えたり、レモンやミルクなどと一緒に飲んだり、美味しいと思える飲み方で飲むことができますよ。

 

ドクダミ茶は便秘に効くと広く知られているが、飲みすぎるとお腹が緩くなることがあります。

 

でも万能茶は、何種類かの素材がブレンドされたお茶なので、特定の1種類を飲みすぎることはありません。

 

お茶でもなんでも食べ物は、健康にいいからといって特定の何か1つだけにこだわって規定以上にたくさん摂るのではなく、適量を毎日摂る、継続して摂ることが症状の緩和や良好な状態になることを覚えておきましょう。

 

万能茶だけでなく、今まで健康飲料などに試したことがなかった人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、日本茶などであれば、無駄な糖質や脂質は入っていないから問題ないと思っている人が少なくありません。

 

しかし、万能茶はそんな人たちを驚かせます。

 

美味しいし飲みやすいし一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、それと体に良い原材料が多く使われているからです。

 

万能茶は、食物繊維が多いハトムギや排便を促す作用があるドクダミ、腸の機能を改善する作用がある田舎麦などが配合されているので、便秘の改善に効果が期待できます。

 

また、ドクダミやハトムギにはむくみを解消する効果もあるので、お通じ改善とともに体の解毒効果もあります。

 

でも、村田園の万能茶はあくまで健康食品なので、処方薬とは違い実感できる効果が数日で現れるわけではありません。

 

日々継続することが大切になります。

 

万能茶に使われている天然素材は、美容サポートに良いとされるはと麦、桑の葉、柿の葉の3種類、スッキリのために「ハブ茶/大麦/とうきび」の3種類、グズグズ&リラックスをサポートする桑の葉、あまちゃづる、ウーロン茎の3種類、それと「大豆/甘草/甜茶/くま笹/クコ/浜茶/どくだみ」を合わせて全部で16種類です。

 

健康な体調を維持するの効能を発揮するお茶です。

 

天然素材で、人工的に合成していない健康茶なので安心して飲めます。

 

万能茶はカフェインを含む素材は不使用ですから赤ちゃんも飲むことができるうえ赤ちゃんにありがちな便秘の対策にもなります。

 

小さい頃から習慣にすれば、子供に好きそうな甘いジュースを飲まなくても済みます。

 

そうすれば、糖分の取り過ぎを心配することもなく、虫歯を防げますね。

 

糖分は含まれませんが、ほんのり甘いお茶なので、小さい子供でも飲みやすいです。

 

人気が高いのもうなづけますね。

 

妊娠中から産後、年配者も赤ちゃんでも美味しくいただけるお茶です。

 

痩身志向は、食べたものをお腹に溜めておかないという考え方があります。

 

万能茶に使われているとうきび、大麦、ハブ茶の基本作用により腸内を活性化させることが期待できます。

 

他に16種類の野草や和漢植物、穀物を配合することで、健康維持に最適な飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排便や排尿の助けとなり、おなか周りがスッキリすると期待できるわけです。

 

それにやかんや鍋で1回に数リットル作れますので、ホットでもアイスでも飲むことができる手軽さは、ダイエットは継続することが大切という点を満たしているというわけです。

 

 

 

page top