万能茶とは、いわゆる健康茶といわれる飲み物で、いろいろな自然由来の原材料が配合されています。

16〜20種類もの生薬や漢方が入っていて煮出しますが、好みやその時体調に合わせて煎じ方を変えて、都合のいいように飲めます。

 

 

健康志向が流行っていますが、何かと忙しい人にとって村田園の万能茶は手軽に体に良い成分を摂れるのでとても重宝します。

 

とは言え「万能」茶ですが、処方薬同様にすぐ効果があるわけではないので、毎日飲み続けることが大事です。

 

毎日続けるのが難しいと気が引けるかもしれませんが、まずは1日に1杯だとしても無理せず進めていきましょう。

 

村田園の万能茶はカフェインフリーのため妊婦さんも安心して飲むことができます。

 

カフェインフリーの飲み物は全般的に値段が高いですが、万能茶はコストパフォーマンスにも優れているので、その点も良いですよね。

 

それに美容に効果的な成分や日々スッキリできる痩身作用の支援成分などと靴具ぎ気分を味わえる成分も含まれています。

 

そのため、産後の美容対策、ダイエット、イライラ対策にいただくのも大変良いお茶だと思います。

 

村田園の万能茶の素材には、甜茶も使われています。

 

甜茶に含まれる代表的な成分はマグネシウムです。

 

一般的にマグネシウムは、便を柔らかくする作用があると言われ、医療機関で処方される便秘薬として重宝されるミネラル(必須元素)です。

 

また、村田園村田園の万能茶の素材にはドクダミもあり、以前からドクダミを煎じて飲むと便秘が改善できると広く愛飲されています。

 

同じように田舎麦は胃腸の機能を改善し、食物繊維を服もウーロン茶ととうきびのおかげで、万能茶は便秘解消に一役も二役も買っているのです。

 

それぞれ、単品のお茶として便秘解消を実感された愛飲者が多数いるのですが、それらを一緒に摂ることにより素材同士が助け合う形で便秘解消に役立つのではないかと思います。

 

万能茶を飲むのは、温めたものを朝に飲む習慣が効果的です。

 

夜お休み前や水筒で携帯してお好きなタイミングで飲んでもOKです。

 

大事なのは、続けることなんで、その点をお忘れなく。

 

苦みや渋みが苦手であれば、やかんで煎じる時間を短くても構いません。

 

蜂蜜で甘くしたり、レモンで香りを付けたりしてもいいでしょう。

 

熱中症対策用に冷やした経口補水液の代わりとして飲んでみるのもいいでしょう。

 

村田園の万能茶に含まれる原材料は自然由来で、美容のために「はと麦/桑の葉/柿の葉」の3種類、スッキリをサポートするハブ茶、とうきび、大麦の3種類、グズグズ&リラックスをサポートする桑の葉、あまちゃづる、ウーロン茎の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

あなたが健康いるための効果が期待できるブレンドです。

 

天然素材で、人工的に合成していない健康茶なので安心して飲めます。

 

ふつうの健康茶は、それに含まれる有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、そのため独特な苦みや渋味が感じられやすいのですが、村田園村田園の万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように調合されています。

 

とは言え、味の嗜好性は様々なので、ハチミツやシロップで甘味をつけたり、ミルクやレモン等と合わせたりして、自分の好みに合わせて飲むことができますよ。

 

万能茶は、一般の健康茶と同じく煮出すことによって健康に良い成分を得ます。

 

煮出せば煮出すほど有効成分がたくさん抽出できますが、長い時間煮出すと苦味と渋みが強調されて、飲みづらいことも良くあります。

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、沸騰したお湯に浸すだけで抽出されます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に素材を入れて火にかけじっくり長い時間抽出しないと健康に良い成分を抽出できないのもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、5〜10分程度でほとんど抽出することができ、根茎や種子など硬かったり厚みがある材料なら長い時間煮出すようにするのが基本です。

 

万能茶をはじめ、これまで健康茶などに手を出したことがなかったという人は、炭酸飲料だけ飲むと健康に良くないけど、麦茶や緑茶などを飲むのであれば資質や糖質が余分に入っていないのでそれで十分なのでは?

 

と考えられている人が少なくありません。

 

しかし、村田園万能茶はそんな人たちを驚かせます。

 

美味しいし飲みやすいし一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、それと体に良い原材料が多く使われているからです。